ING Co.,Ltd

INGはウォータージェット【WJ】で、煙突アスベスト除去、ダイオキシン類の除染・解体、
アスベスト含有塗装膜剥離工事などを行う専門企業です。

株式会社アイ・エヌ・ジーへのメールリンク

研究開発

INGは創業以来、一貫して超高圧ウォータージェット(WJ)の活用による建築物躯体の斫り、切断等の工事を行う中で、安全で確実な煙突アスベスト除去技術の確立をめざして研究開発を行ってきました。その技術テーマの一つが躯体に埋設された煙突石綿セメント円筒管をWJで完全に除去する事です。煙突石綿セメント円筒管は集合住宅、学校、オフィスビル等の浴室、暖房の排熱管として部屋から屋上まで躯体に埋設されていて、解体する場合、常にアスベスト飛散の危険性が有りました。INGの石綿セメント円筒管除去技術は超高圧水で大きさ、厚み、硬さの違う石綿セメント円筒管をコンクリート躯体の骨材の一部まで汚泥状に破砕除去する技術を確立しました。
 

吐出圧力245MPaの超高圧水で煙突石綿セメント円筒管を安全に、確実に除去します。

集合住宅屋上煙突石綿セメント円筒管架台
集合住宅屋上
煙突石綿セメント円筒管架台
施工前φ100mm/t=6mm
【施工前】
φ100mm/t=6mm
施工後コンクリート躯体の骨材までを一部除去
【施工後】
コンクリート躯体の
骨材の一部まで除去
汚泥状に破砕してバキュームで吸引
汚泥状に破砕して
バキュームで吸引

INGのWJB(ウォータージェット)工法は4つの特許が活かされています。

WJB工法(PAT. NO.2991430号)
『埋設石綿管の撤去方法及びその為の装置』
WJB工法(PAT. NO.3273138号)
『石綿管撤去方法及び石綿管破砕装置』
WJB工法(PAT. NO.4179615号)
『埋設石綿管の撤去方法及びその為の装置その2』
WJB工法(PAT. NO.4683521号)
『石綿管管破砕用超高圧水噴射装置』

開発の大きな成果が生まれました。

通常、煙突石綿断熱材(商品名:カポスタック・ハイスタック)レベル2の除去作業時、煙突上部に隔離養生作業エリアとセキュリティを設置しなければなりませんが、飛散防止養生箱を使用する事で、煙突上部 φ1000mm以下の煙突ではその作業が不要になり、作業時間の短縮、周辺環境と作業員の安全性が格段に改善されます。

煙突頂部屋上施行中の状況
煙突頂部屋上施工中の状況
煙突頂部作業床施行中の状況
煙突頂部作業床施工中の状況