ING Co.,Ltd

INGはウォータージェット【WJ】で、煙突アスベスト除去、ダイオキシン類の除染・解体、
アスベスト含有塗装膜剥離工事などを行う専門企業です。

株式会社アイ・エヌ・ジーへのメールリンク

煙突アスベスト除去に関するQ&A

Q:煙突の石綿にはどのような種類がありますか?

A: 煙突の石綿には、病院・商業施設等のボイラーの煙突内部にライニング されている石綿含有断熱材と集合住宅の浴室や学校教室暖房等の排熱 管に使用されている石綿セメント円筒管が存在します。

Q:石綿含有断熱材とはどのようなものですか?

A: 病院・商業施設等のボイラーの煙突内部にライニングされているもので 石綿レベル2の石綿です。

Q:主な煙突石綿断熱材の製品名と製造された年代はいつ頃ですか?

A:
商品名 生産時の
メーカー名
現在の
メーカー名
石綿の書類 石綿の含有率 製造開始年 無石綿化年 製造終了年
カポスタック 日本アスベスト ニチアス アモサイト 70~80% S39
(1964)
× H3
(1991)
ニューカポ
スタック
日本アスベスト ニチアス アモサイト 80~90% S52
(1977)
× H3
(1991)
ハイスタック
(丸型)
大阪パッキング
製造所
日本インシュ
レーション
アモサイト 6.8% S53
(1978)
S60
(1985)
ハイスタック
(角型)
大阪パッキング
製造所
日本インシュ
レーション
アモサイト 4.3~8.4% S53
(1978)
H4
(1992)

Q: 石綿セメント円筒管とはどのようなものですか?

A: 集合住宅の浴室や学校教室暖房等の排熱管に使用されているもので 石綿レベル3の石綿です。

Q: 煙突石綿除去の認定工法とはどのようなものですか?

A: 主に、一般財団法人日本建築センターにて建設技術審査証明を 取得している工法となります。
参考URL http://www.bcj.or.jp/c12_rating/bizunit/exam/exam.php?type=3

Q: 煙突の石綿除去作業はどのような方法で除去すればいいですか?

A: 手斫りにより壁面より斫り出す工法と超高圧水により除去する方法が ありますが、近年では石綿飛散の可能性が低い超高圧水による除去 が主流となっています。

Q: 煙突の石綿除去作業時には石綿の測定結果報告書は必要ですか?

A: 認定工法で行う場合は、石綿含有断熱材除去工事の場合は21点 石綿セメント円筒管除去工事の場合は16点の測定結果報告書は必 要となります。